インフルエンザ迅速検査中止のお知らせ

2020年3月12日

 北海道で、新型コロナウイルスに感染した患者さんにインフルエンザの検査を行った医師が、新型コロナウイルスに感染したことが判明しました。

インフルエンザ迅速検査で鼻咽腔から検体を採取する際には、咳やくしゃみが誘発されやすくウイルスが飛散する可能性が高まり周囲の人に感染が広がりやすくなります。

 このため当院では当面の間インフルエンザ迅速検査は中止し、症状などから診断治療を行う方針とします。

 ご迷惑をおかけしますがご理解、ご協力よろしくお願いします。

新型コロナウイルスに感染した患者にインフルエンザの検査をした医師が、新型コロナウイルスに感染した事例が北海道で判明。インフルエンザの検査で患者から飛沫(ひまつ)が生じて医師が感染する可能性が考えられるとして、検査はせずに、症状などからインフルエンザと診断することも求めている。
新型コロナウイルスに感染した患者にインフルエンザの検査をした医師が、新型コロナウイルスに感染した事例が北海道で判明。インフルエンザの検査で患者から飛沫(ひまつ)が生じて医師が感染する可能性が考えられるとして、検査はせずに、症状などからインフルエンザと診断することも求めている。