当院のコロナウイルス院内感染予防の対策について

2021年4月24日

 当院ではコロナウイルスの院内感染予防の為に以下のような対策を行っています。

 発熱・咳、嘔吐・下痢、倦怠感など感染症を疑う症状のある患者様から問い合わせがあった場合は、各診察時間の最後に来院していただくように案内し、そのほかの患者様と重ならないように診察を行っています。またウイルスなどの飛散や残存による感染拡大を防止するため、感染症の疑いがある方の診療を一部(レントゲン撮影など)制限しています。

 どなたにも来院時にはマスク着用、手指アルコール消毒、体温測定をお願いしています。

 院内は診察時間内、豪雨でない限り窓を開けて常時換気扇を回し換気を行っています。

 診療所職員は勤務時間内は手袋・マスク及びフェイスマスク(もしくはアイゴーグル)を着用し、こまめに手洗いを行います。また必要に応じ、ゴーグル/エプロン/ガウンなどの防護具を追加使用し業務を行います。

 こまめに、ドアノブ・ベット・机など手で触れる部位を次亜塩素酸ナトリウム液で清拭し、残存ウイルス等の不活化を行っています。